書籍

books




BOOKS

書籍紹介

車内アナウンスに革命を起こした

「英語車掌」の英語勉強法

 緊急時に外国人のお客様に満足な対応ができなかったことがきっかけで、

「僕が、英語でお客様の応対ができて、英語で車内アナウンスのできる初めての車掌になる!」

と決心。

 自分に合った学習内容と学習方法を試行錯誤しながら見つけていき、スマホやフセンなどの身近なツールを活用してたった9ヶ月で、車内アナウンスするまで上達。

 瞬く間に動画サイトやSNSで「英語車掌」として話題に。

 超特急の効果的学習法を紹介します。

乗務員室からみたJR

英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話

 高崎線は通勤時間帯に身動きが取れないほど混み合う。ある日、僕が担当している列車でも、その211系のSOSボタンが扱われたのだ。〜中略

 数ヶ月後、やはり同じような状況でSOSボタンが扱われた。ある程度、僕の中でそのセリフが固まってきていたので、現場に向かう前にそのアナウンスをしてみたのだ。

 するとどうだろうか?このアナウンスをしたことによって、満員電車の中央通路が一人通れる幅だけ一気に開いたのだ。

 この光景は、まるで神話の「モーゼの海」のような光景だ。